降積雪期における輸送の安全確保の徹底について

降積雪期における輸送の安全確保の徹底について(令和2年11月20日付け中防第災23号・12月4日付け国自安第144号、国土交通省自動車局長)

輸送の安全確保については、機会あるごとに注意喚起してきたところですが、今般、関越自動車道などにおいて多数の車両が立ち往生する事態が発生致しました。改めて、当該通達の徹底を図ると共に、特に積雪・凍結当の気象情報を踏まえ、タイヤチェーンを携行し早期に装着する等、降積雪期における輸送の安全確保に万全を期すようお願い致します。

(1)気象情報(大雪や雪崩、暴風雪等に関する警報・注意報を含む)や道路における降雪状況等を適時に把握し、以下の対策を講ずることにより、輸送の安全確保に万全を期すこと。

1)積雪・凍結等の気象及び道路状況により、早期にスタッドレスタイヤ及びタイヤチェーンを装着するよう徹底を図ること。

2)運行経路の道路情報、道路規制情報、気象情報に基づき、適切な判断を行う。

3)積雪・凍結時における要注意箇所の把握に努めること。

4)気象情報が急変し、安全運転が確保できない恐れがある場合は、運行計画の変更等の適切な措置を講ずること。

5)スリップの要因となる急発進、急加速、急制御、急ハンドルを行なわないよう指導するとともに、道路状況、気象状況に応じた安全速度の遵守、車間距離の確保について指導を徹底すること。

(2)スタッドレスタイヤへ交換する際は、ホイール・ボルトの誤組防止、締付トルクの管理を確実に行う。 以上、宜しくお願い致します。


国土交通省自動車局長

神奈川個人タクシー協同組合

最新記事