「一時金」個人タクシーに最大20万円の概要決定

経済産業省は緊急事態宣言の再発令を受け、売り上げが減少した中堅・中小事業者向け一時金の概要を決定した。一時金を受け取れる条件は、今年1月または2月の売り上げが前年同月比50%以上減少していること、となっています。審査には前年の確定申告や対象月の売上台帳の写し等とともに、宣誓書への記入が必要になります。申請には、令和2年の確定申告書の写しが必要となることから、申請受付は3月以降と思われます。


神奈川個人タクシー協同組合

最新記事